イソフラボンを増やしてバストアップ

女性の中には胸の小ささにコンプレックスを持っている人もいるのではないでしょうか。
女性らしい体のラインや胸の発達には女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。
女性ホルモンの分泌が活発になるとバストアップの効果が期待できます。

エストロゲンは胸の発達に関わる乳腺細胞を増やす働きがあります。
また丸みのある体のラインやコラーゲンの合成、柔軟で白い肌を保つ働きで女性らしい体を作る働きをしてくれます。

女性ホルモンは加齢と共に減少してしまいますが、女性ホルモンを似た働きをしてくれるイソフラボンを摂ることで、減少した女性ホルモンの働きを補うことができます。
イソフラボンでバストアップができるのです。
イソフラボンは大豆に多く含まれる成分で、糖と結合して分子が大きいグリコシド型とイソフラボン単体で分子の小さいアグリコン型があります。
グリコシド型は腸で分解されてから吸収されますが、アグリコン型は分子が小さいので胃や腸で素早く吸収されます。

アグリコン型のイソフラボンは味噌やしょう油などの調味料や納豆などの大豆発酵食品に含まれています。
毎日の食事に納豆やみそ汁などを食べる事で摂ることで摂ることができます。
またエストロゲンは排卵から生理までの間に分泌量が多くなるため、">イソフラボン配合のクリームなどを使ってバストマッサージをするのも効果が期待できます。