大豆アレルギーの人は検査が大事

現在はアレルギー症状を持つ人が増えています。
アレルギーはアレルゲンに対して体が過剰に反応してしまうため、蕁麻疹やかゆみ、赤み、顔や体の腫れなど外的症状から、喉の中に蕁麻疹ができる、呼吸困難などさまざまな症状が現れます。
アナフラキシーショックを起こした場合は命にかかわるため、アレルギーを持っているのかどうかを知っておくことは大切になります。

食物アレルギーは毎日の食生活に関わってくるアレルギーです。
その中でも大豆は多くの調味料や食品に含まれているため、アレルギーの心配がある場合は一度検査を受けると安心です。

大豆アレルギーの場合は、大豆だけでなくピーナッツやそら豆、えんどう豆などにも共通しているためイソフラボンを含む豆類には注意が必要です。
大豆は豆腐や納豆などの食品から、味噌やしょう油などの調味料まで主原料や副原料として多くの食品に含まれています。
毎日の食事から取り除くのは難しい成分ですが、重度のアトピー性皮膚炎と大豆アレルギーが重なると湿疹が悪化してしまうため完全に取り除くことが必要となります。

大豆アレルギーの場合は食品だけでなく、イソフラボンが含まれている化粧品などにも反応する場合があります。
心配な時はイソフラボンの化粧品を使う場合にも一度検査を受けておくと安心です。