肌からイソフラボンを摂取すると

イソフラボンに美肌効果があることはよく知られています。
コラーゲンの生成を促す作用で保湿効果を高め、抗酸化作用によってシミやそばかすを薄くする美白効果があります。
最近ではイソフラボン配合の化粧品やクリームなども多く販売されていますが、肌にイソフラボンを塗るとどのような効果があるのでしょうか。

お豆腐屋さんの手は綺麗と言われるように大豆イソフラボンには美肌効果があります。
分子の大きいグリコシド型と分子の小さいアグリコン型の2種類があり、化粧品などに使われているのは分子の小さいアグリコン型で、さらにナノ化されているため肌に浸透しやすくなっています。

肌からイソフラボンを摂ることで肌細胞の新陳代謝を活発にして、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促し肌の保湿力を高めてくれます。
抗酸化作用が強いポリフェノールの一種であるイソフラボンは、紫外線によって作られる活性酸素を抑制する働きがあるため、シミやそばかすの原因を防いでくれます。
さらに紫外線による肌の炎症を抑える働きもあります。

女性ホルモンが低下すると肌の弾力が衰え、乾燥やシミ、しわなどの肌トラブルが起こります。
内外かからイソフラボンを摂取することで、低下した女性ホルモンの働きを補い肌トラブルの解消をしてくれます。