イソフラボンで女性ホルモンを摂る

女性の場合、めまいや片頭痛、のぼせなどといった原因の分からない体調不良が続くことがあります。
また肩こりがひどくなる、生理不順、関節が痛くなるといった何かの病気が原因かと思われる症状も、実は女性ホルモンの減少が原因になっている場合があります。

女性ホルモンは女性らしい体を作り、妊娠や出産に関わる女性の体にとって大切なホルモンです。
女性ホルモンは40代半ばになると分泌量の低下が始まり、生理不順やめまい、のぼせなどといった更年期障害と言われる症状が出てくるのです。

美肌効果で注目されているイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれます。
イソフラボンを摂ることで、減少した女性ホルモン働きを補ってくれるのです。

イソフラボンは大豆製品に多く含まれている成分で、豆腐や納豆、味噌、しょう油などの調味料にも含まれています。
1日の目安としては豆腐半丁や納豆1パックといった量なので、毎日の食事に摂りいれやすく続けやすいのではないでしょうか。
また和食であればみそ汁や煮物などからもイソフラボンを摂ることができますし、牛乳を豆乳に替えることでも摂ることができます。
加齢と共に女性ホルモンは減少してしまうので、毎日の食事に大豆製品を摂ることで女性ホルモンの不足を補充することができます。