骨粗鬆症予防をカルシウムと併用して対応

女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンは、美肌効果や生活習慣病の予防などで知られていますが、骨粗鬆症予防にもイソフラボンは効果があります。
骨粗鬆症は骨の中がスカスカのスポンジのような状態になるため、もろく弱くなり骨折しやすくなります。
骨粗鬆症は高齢者の病気と思われていましたが、女性ホルモンであるエストロゲンと密接な関係にあることから女性に多い病気という認識が高まってきています。

特に女性は閉経から更年期障害によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうため、血液中のカルシウム濃度が低くなってしまいます。
人間の体は血液中のカルシウム濃度が低くなると、それを補うために骨からカルシウムが流出する働きがあるため骨粗鬆症の原因となるのです。
さらにカルシウムの吸収を助ける働きのあるビタミンDが不足することで骨密度が低くなるのです。

イソフラボンには女性ホルモンと似た働きをしてくれるエストロゲンがあります。
エストロゲンは骨からカルシウムが流出するのを防ぎ、さらにカルシウムが骨に定着するのを助ける働きがあります。
カルシウムと一緒に摂ることで強くて丈夫な骨を作り骨粗鬆症を予防してくれるのです。

しかしカルシウムだけでは丈夫な骨は作られません。
カルシウムの吸収を促すビタミンDや骨を形成するビタミンK、骨の構成分となるたんぱく質などバランスのよい食事が大切になります。
イソフラボンは女性にとってうれしい効果がたくさんあるのです。