妊娠中や出産時にはイソフラボンの摂取量に注意

女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンは、女性特有の病気や生活習慣病の予防、美容効果などがあることで注目されています。
女性ホルモンは加齢と共に分泌量が減少してしまう成分です。
減少する事によって更年期障害や骨粗しょう症といった症状が出てくることがあります。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、女性ホルモンの減少によっておこる更年期障害や骨粗しょう症といった病気の予防や症状の軽減をしてくれます。
また月経不順といった婦人科系の病気にも効果を発揮してくれます。
イソフラボン摂取量は1日に40~50mg程度ですから、豆腐半丁や納豆1パック、豆乳1カップで十分な量を摂ることができます。
その他にも味噌やしょう油などの調味料にも含まれていますから、和食中心にするだけでも自然と摂れてしまいます。

女性の場合、妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になるため、食事以外にサプリメントからイソフラボンを摂ることは過剰摂取になります。
イソフラボンの過剰摂取は逆にホルモンバランスを崩すことになり、お腹の赤ちゃんに影響が無いとはいえません。
だからといって妊娠中に大豆製品を摂らない方がいいのか?ということではなく、豆乳は便秘解消に効果がありますし、みそ汁は母乳の出がよくなると言われています。
ただし食事以外にサプリメントからもイソフラボンを摂るような過剰摂取には注意が必要です。