イソフラボンは生理不順にも効果的

女性の体は妊娠や出産という大切な仕事をするために生理があります。
生理は女性ホルモンの働きによるもので、プロゲステロンとエストロゲンのふたつの女性ホルモンによって定期的な周期を繰り返しています。
一般的には25~30日周期で繰り返され、25日より短い周期を頻発月経といい、逆に36日以上の長い周期を希発月経といいます。
また出血量が多い、生理の期間が長い、生理中に激しい腹痛があるなど体調不良がある場合は生理不順といえます。

生理不順の原因はさまざまですが、ストレスや乱れた生活習慣によってホルモンバランスが崩れる、急激なダイエット、加齢によって卵巣の働きが低下する更年期障害といったことが原因となる場合は、女性ホルモンのバランスを整えることで症状の軽減や改善が期待できます。
イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれるためホルモンバランスを整える働きがあります。
普段の食事から豆腐やみそ汁、豆乳、納豆といった大豆製品を摂ることで効果が期待できます。
イソフラボンが女性ホルモンの乱れを整えてくれることで、生理不順が改善されるのです。

出血量が多かったり、激しい腹痛を伴う場合は婦人科の病気が原因となっていることもあります。
その場合イソフラボンを大量に摂取することで病気を悪化させることもあります。
自己判断せずに婦人科を受診することも大切です。