イソフラボンを手軽に補給

イソフラボンには糖と結合したグリコシド型と単体のアグリコン型があります。
糖と結合したグリコシド型は分子が大きく、腸の酵素で分解されてから吸収されるため、人によって吸収率が違います。
アグリコン型は分子が小さく胃や腸で吸収されますが、調味料や大豆発酵製品に含まれているイソフラボンです。
殆どの大豆製品はグリコシド型イソフラボンのため、食事に大豆製品を摂りいれても人によって吸収率が違ってしまうのです。

手軽にイソフラボンを補給したいならサプリメントを選ぶとよいでしょう。
サプリメントならイソフラボンの濃度を高くしたものや、体への吸収率を高めたものなど様々なタイプがあります
またカプセルや錠剤なら携帯にも便利ですし、粉末タイプは溶けやすく他の飲み物に入れることもできます。
自分の生活スタイルに合ったものを選べるのもサプリメントの特徴ではないでしょうか。

また豆乳でもイソフラボンを摂ることができます。
最近では紅茶やバナナ、フルーツ味など多くの種類が販売されています。
含有量が多いのは無調整豆乳ですが、豆乳が苦手な人でも飲みやすい味を見つけることができるのではないでしょうか。

イソフラボンは毎日の食事で摂取されるため殆どの場合はサプリメントで上乗せする必要はありません。
サプリメントを摂る場合は摂取量を守り、過剰摂取にならないように注意が必要です。